ITパスポートの独学はどう判断するべきか?

ITパスポートの独学は賢明な判断か

ITパスポートの試験は、今では受けるチャンスがたくさんあって、失敗したとしてもすぐに受け直すことができます。
それから、試験の合格率も他の国家試験と比べたらきついほうでもありません。

こうした理由からでしょうか?ITパスポートの試験に独学で臨もうとする人たちは絶えることがないようです。ITパスポートの独学は、はたして賢明な判断なのでしょうか?

答えは、後悔する結果になる受験者がけっこういるため、独学は「賢明だとは限らない」ということになるでしょう。

ITパスポートの試験に独学で挑むことは、確かに無謀なことだとはいえないでしょう。
ITパスポートの試験問題の難易度は全体的に高くはありません。
現実に、独学で合格を果たしている人たちもいることは間違いありません。

もっとも、すべての受験者にとって独学が向いているはずはありません。
ITパスポートに独学で受かろうとして、何回も失敗している人たち、しまいには受験を放棄してしまう人たちも実はたくさんいるようです(それも、過去問を大事にした無駄の少なさそうな勉強法を意識して選んだ場合でも、の話です)。

再受験はかなりの時間ロスに

ITパスポートの受験者もさまざまですが、10代後半から20代にかけての受験者が多く、就職や転職、あるいは学業を控えて多忙な日々を送っている人たちが多いはずですが、そんな大事な時期にITパスポートの受験に独学で挑戦して失敗すると、かなりの時間のロスになってしまうのではないでしょうか。
ITパスポートは確かに今では1年に何回も受け直す機会を持てますが、同じ試験の受け直しをする羽目になることは、精神的にもかなりのダメージでしょう。

独学で受ければ、資金の節約になるという長所はあります。
ただし、ITパスポートの場合は学校や通信講座を利用しても、痛い出費になるとは限りません。特に通信講座のほうに目を向けると、かなり安い通信講座が開講されていることに気がつくはずです。

ITパスポートの独学については、何日か時間を決めて自分を試してから最終決断を下してはいかがでしょうか?その期間中に、テキストや問題集等を読んでみて、全部ひとりだけで理解できそうかどうかを確認するわけです。
試した結果、どこかに自信がくじかれるような点があるなら、独学は見合わせたほうがいいのではないでしょうか。
次のページ
通信講座評価ランキング

無料資料請求
>>クリック!<<

HOMEへ戻る