ITパスポートの合格率の真相に近付くと?

ITパスポートの合格率を知りたいという人たちは、受けるかどうか迷っている人たち、
受けることを決めたばかりの人たちの中には多いことでしょうが、
なかなかITパスポートの合格率については、漠然とした情報しか出てこないが実情です。

その理由は、ITパスポートの試験がCBT方式に変わって、年に2回の頃よりも
試験回数が増えて、データをとりにくくなったことにあるのかもしれません。
ここでひとつ、最新のITパスポートの合格率をお教えしましょう。

平成21年~23年までの、旧システムによるITパスポートの合格率

  受験者の人数 合格者の人数 合格率
平成21年(春季) 39,131名 28,540名 72.9%
平成21年(秋季) 61,313名 31,080名 50.7%
平成22年(春季) 52,299名 22,098名 42.3%
平成22年(秋季) 60,056名 31,161名 51.9%
平成23年(特別) 48,482名 21,714名 44.8%
平成23年(秋季) 46,545名 28,503名 61.2%

CBT方式になってからは、IPAが月単位で合格率や受験者の人数のデータを発表しています。

前回まで5回分のITパスポートの合格率

  受験者の人数 合格者の人数 合格率
平成26年(6月) 4,694名 2,413名 51.4%
平成26年(7月) 5,205名 2,534名 48.7%
平成26年(8月) 5,874名 2,882名 49.1%
平成26年(9月) 5,965名 3,035名 50.9%
平成26年(10月) 5,596名 2,586名 46.2%

ITパスポートの合格率は、「ちょっと数字の上がり下がりが激しい」ということが
特徴で、合格率は低いときで30%前後、高いときで55%前後となっていましたが、
CBT方式になってから、特にここ1年の合格率は、だいたい40~50%くらい
安定してきたようです。

これだけではまだたいしたことはわからないように見えるでしょうか? 
しかし、ITパスポートの合格率は決して油断してよいものではないということは、
なんとなく感じられるのではないでしょうか
「ITパスポートは、簡単だ」という意見がけっこう多いですし、それは間違いでは
ありませんが、甘い態度で勉強するのは禁物
です。受かるためには、
勉強法をよく研究したほうがいいのです)? 

ITパスポートは実際に、合格率がいいときもあればそうでもないときもあるのですから、
どんなときに当たっても、確実に合格することができるように勉強と対策をやっておく
ことが好ましいやり方といえるでしょう。

この点をさらに、次のページで解き明かしていきたいと思います。

次のページ

通信講座評価ランキング

無料資料請求
>>クリック!<<

HOMEへ戻る