ITパスポートに合格できる勉強の心得のまとめ

ITパスポートの受験者のために、このページでは合格に向かって大きく前進できる
心得を、切り口を変えて、今からどんどん紹介していきましょう。

ITパスポートの合格で大切なことは、過去の試験問題の研究が大事であることは書きましたが、もちろんテキストも大事です。

テキストで大事なことは、試験範囲がもれなく書き込まれていることと、
読みやすいつくりになっていることです。
もうひとつ大事なことは、最新版であることでしょう
(ITパスポートは試験の歴史が短いですが、できるだけ新しいに越したことはありません)。
読みやすさについては人それぞれで、感じ方が違うのですが、
ややこしい部分では図やイラストがなるべく駆使されているほうが、よく理解できるはずです。

テキストの読み方もITパスポートの短期合格のためには大事ですね。
最初から読み込もうとしていく人たちがたまにいますが、
失敗につながることも多いようです(とばしてばかりでもいけませんが)。
深い理解をすることは大事なのですが、書いてあることがわからないといって
そこでとまってしまってもいけません。
ITパスポートの試験範囲も広いですから、合格のためには
カテゴリごとにバランスよく進めていくほうが安全です。
その意味でもやはり、過去問とテキストを交互に開けるなどして、
上手に先へ進んでいけるコツをつかむ
ようにしたいものです。

ここまでの流れからもわかる通り、テキストや過去の試験問題の入手方法は
ITパスポートの短期合格のためには本当に大事です
(外れのないものを選ばないといけません)が、
体系的につくられた教材を手に入れるには、自分で書店に行って選ぶよりも
学校や通信講座で用意してもらうほうが確実です。

学校や通信講座も数が多いためどこでもいいというわけではありませんが、
よく選んだら安くて教育効果の高いところが見つかります。
特に通信講座の場合、教材の質が驚くほど高くなっています。

たとえば、CDやDVD、あるいはWebを通しての音声や映像の配信ですね。
映像型の教材は、講義風景が収録されているものが多く、
自宅にいても教室にいるのと変わらない教えを受けることができます。
これは本当にものすごい強みで、通学講座と遜色ない講義内容で
合格に向けて進んでいけることになります、通信講座はITパスポートの
勉強を習う方法として、いちばん理にかなった方法に成長しているといえます
(この点をさらに、次のページで解き明かしていきたいと思います)。

次のページ

通信講座評価ランキング

無料資料請求
>>クリック!<<

HOMEへ戻る