ITパスポートの合格率の真相に近付くと?

ITパスポートの合格率の真相に近付くと?

2人に1人は合格できる試験

ITパスポートの合格率を知りたいという人たちは、受けるかどうか迷っている人たち、受けることを決めたばかりの人たちの中には多いことでしょうが、なかなかITパスポートの合格率については、漠然とした情報しか出てこないのが実情です。

その理由は、ITパスポートの試験がCBT方式に変わって、年に2回の頃よりも試験回数が増えて、データをとりにくくなったことにあるのかもしれません。
ここでひとつ、最新のITパスポートの合格率をお教えしましょう。

平成21年~23年までの、旧システムによるITパスポートの合格率

  受験者の人数 合格者の人数 合格率
平成21年(春季) 39,131名 28,540名 72.9%
平成21年(秋季) 61,313名 31,080名 50.7%
平成22年(春季) 52,299名 22,098名 42.3%
平成22年(秋季) 60,056名 31,161名 51.9%
平成23年(特別) 48,482名 21,714名 44.8%
平成23年(秋季) 46,545名 28,503名 61.2%

CBT方式になってからは、IPAが月単位で合格率や受験者の人数のデータを発表しています。

平成24年~25年度試験の合格率

  受験者の人数 合格者の人数 合格率
平成24年度 62,848名 25,796人 41.0%
平成25年度 67,326名 32,064人 47.6%

ITパスポート以外にも多くの国家資格がありますが、それらと比べても、合格率は比較的高い部類に入ります。
少しずつ合格率は低下しているものの、これは新しい国家資格特有の現象で、今後は40%台を下回る事はほぼないと思います。
イメージ的には、2人に1人は合格できる試験だと思って下さい。

では、実際の難易度はどうだという事になりますが、感覚的なことを言えば、それほど難しい試験ではないと思います。
基本的な勉強をしっかりとやれば、必ず合格出来ます。

以前、実施されていた同じIT系資格の「初級シスアド試験」の合格率が約30%ですから比較的、易しくなったといえるでしょう。
ITパスポート試験は、165分の試験時間内で100の問題に解答しなければならないので、解答にスピードは求められますが、確率的に2人に1人は合格する試験です。しっかりと学習対策してポイントを押さえれば、合格の可能性は高い試験です。

前回まで5回分のITパスポートの合格率

  受験者の人数 合格者の人数 合格率
平成26年(6月) 4,694名 2,413名 51.4%
平成26年(7月) 5,205名 2,534名 48.7%
平成26年(8月) 5,874名 2,882名 49.1%
平成26年(9月) 5,965名 3,035名 50.9%
平成26年(10月) 5,596名 2,586名 46.2%

ITパスポートの合格率は、「ちょっと数字の上がり下がりが激しい」ということが特徴で、合格率は低いときで30%前後、高いときで55%前後となっていましたが、CBT方式になってから、特にここ1年の合格率は、だいたい40~50%くらいで安定してきたようです。

これだけではまだたいしたことはわからないように見えるでしょうか? 

しかし、ITパスポートの合格率は決して油断してよいものではないということは、なんとなく感じられるのではないでしょうか(「ITパスポートは、簡単だ」という意見がけっこう多いですし、それは間違いではありませんが、甘い態度で勉強するのは禁物です。受かるためには、勉強法をよく研究したほうがいいのです)? 

ITパスポートは実際に、合格率がいいときもあればそうでもないときもあるのですから、どんなときに当たっても、確実に合格することができるように勉強と対策をやっておくことが好ましいやり方といえるでしょう。

ITパスポートの合格率から見る試験の難易度!

ITパスポートは、ITの基礎知識を身に付ける試験で、それほど深い内容が問われるわけではありません。
なので、上記のような高い合格率になっているのです。

しかし、勘違いしないでほしいのは、合格しやすい試験であっても、簡単と言うわけではありません。
確かに合格率は高いのですが、それは誕生して間もない資格でもあるからです。その証拠に、スタート当初は70%あった合格率が、最近では40%台になっています。

この現象は、資格試験特有のもので、試験1年目は多くの人に資格を取得してもらいたいので、合格率が高い傾向にありますが、翌年、もしくは次の回からは合格率が急激に落ちてきます。

また、もう一つこの試験の厄介なところは、IT独特の専門用語が非常に多いと言う事です。

当たり前ではありますが、これからITパスポートの勉強をしていくと、一度も聞いた事のないような、覚えづらい単語が次から次へと出てきます。
それには得手不得手がありますが、苦手な方ですとかなり大変な勉強になると思います。

しかし、冒頭でいったようにITパスポートは合格しやすい試験で、あなたが努力すれば、必ず良い結果を生む事が出来ます。

重要なのは、勉強から逃げずにしっかりと向き合うことです。
そうすれば、ITパスポートは確実に合格できる試験です。

もちろん、今までITにふれた事のないまったくの素人でも同じです。
安心して勉強をはじめてください。

ITパスポートと難易度が同レベルの試験は?

ここでは参考までに難易度が50%前後の資格試験を紹介します。

  • 情報検定(J検)2級・・・55%
  • DTPエキスパート・・・42%
  • CAD利用技術者・・・48%
  • 秘書技能検定・・・48%
  • 貿易実務検定・・・52%

上記はほんの一部です。数ある資格を改めて調べてみますと、合格率が50%近くあり(2人に1人は合格)、それほど取得が難しいとされていない資格にも、企業の実務には欠かせない、使える資格がたくさんあることが再認識されます。

ITパスポート試験もそのよう、取得は比較的易しいにも関わらず、非常に役立つ資格です。すでに年間の受験者数10万人という人気の高さが、そのことを証明しています。

しっかり学習時間を確保しましょう

半分くらいの受験者が不合格になるところを見ると、その基本的な勉強でさえ、出来ていないでいるのです。
それには色々な理由があるでしょう!

忙しくて勉強する時間がなかった、途中で勉強がわからなくなり挫折した。
などそれぞれの主張があります。

しかし、それはただの言い訳に過ぎず、そのようなことを言っていたら、いつまでたっても合格出来ません。

本気で合格しようと思えば、どんな状況になろうとも勉強するはずです。これからITパスポートの勉強をする皆さんは、試験を軽く考えないで真剣に取り組んで下さい。

難易度はそれほど高くないといっても、簡単に合格できる試験ではありません。
しっかりと学習量をこなした結果、難易度がそれほど高くないのです。

そのことはくれぐれも忘れないで下さい。
この点をさらに、次のページで解き明かしていきたいと思います。

次のページ

通信講座評価ランキング

無料資料請求
>>クリック!<<

HOMEへ戻る